新築マンションを購入する際のメリットとデメリットとは

新築のマンションは最新の設備が揃っているわけですが、高いということが懸念材料としてあるわけです。新築マンションと中古マンションとで迷っている人もそれなりにいるとは思いますので、今回は新築マンションの特徴的なところについて詳しく紹介していきます。

最新の設備が使用されていてきれいである

誰でもお金があるということであれば新築のマンションを購入したいという風に思うのではないでしょうか。新築というとまだ誰も使用したことが無いですし、住宅設備においても最新式が装備されていますので、とてもうれしいのではないでしょうか。

新築であればある程度の間取りや設備品の変更が可能ですので、多少の追加費用は掛かるにしても、中古をリフォームするよりは安いのではないでしょうか。ある程度自分の思い通りのことができやすいという側面はあります。

新築であれば販売会社などの10年長期保証がついていることが多いです。そのためアフターサービスなどにおいても当然ながら優遇されているということが言えるでしょう。保証面については中古よりも充実しています。

入居者全員が同じ時期に入居するため付き合いやすい

新築のマンションというのは入居者全員が同じような時期に入居が開始されますので、コミュニティが作りやすいという側面があります。その代わり、どういう人たちが入ってくるのかというのは入居をしてみないことにはわからないということはあります。

知らない人同士が新たにスタートを切るという方が仲間を作りやすいという側面がありますので、その中で近所づきあいがしやすくなるでしょう。自分たちが隣人トラブルを引き起こさないように気を付けることです。

駐車場においても中古に比べると新築のほうがまだ駐車スペースを確保しやすかったりしますので、駐車場をどうしても確保したいということであれば、絶対に新築のほうがいいということはあるでしょう。

実際の建物を見ることなく購入することになる

新築のマンションは純粋な市場価値だけが反映されているというわけではなく、販売会社や建設会社の利益も含んでいるため、市場価値に比べてより高く設定されています。購入するにしても新築は高いわけですが、購入のために参考になる実際の建物が完成していないので、本当に後悔しないのかどうか不安に感じてしまいます。

新築の際には確かにモデルルームが開設していて、そこでのイメージだけで購入しなければいけないというのはどう考えても悩んでしまうでしょう。モデルルームと実際の建物とは違いますので、想像したのと違うということがあり得ます。実際の建物については契約後に見ることになって、そこで雰囲気と違うということになっても契約解除をすることはできないのはネックになるでしょう。