マンションを購入するには希望する項目に優先順位を付ける

マンションを購入するということであれば、希望する項目に関して優先順位を付けるべきだということが話によく聞きます。そういうものを購入するサイトであっても良くそういうことをアドバイスとして聞くことがあります。ここでは優先順位を決めるためのポイントとなることについて解説いたします。

100点満点の物件というのは本当にない

購入する人に特に言いたいこととして100点満点の物件というのは残念ながらないということです。立地や間取り、セキュリティ、耐震構造、管理体制、ブランドなどすべてが優れているような物件であっても、そういう物件は一般的に購入価格が高いためにすべてを満足するというものは無いと言えます。そういうパーフェクトな物件があったということであれば、購入できる人がすぐに買ってしまうためにそういう物件は即座に無くなると言ってもいいでしょう。

マンション選びというのは結局のところ、何かを優先すれば何かを犠牲するということです。犠牲にするということはいわば選ばないということを意味します。優先順位を決めてどういう物件を選ぶのかを決めていくしかないわけです。

何を取って何を取らないのかを決めるしかない

マンションを購入する前に何を優先して何を犠牲にするのかということを決めておいたほうがいいです。家族で住むというのであれば、家族会議をしてまでも話し合うべきではないでしょうか。そもそも予算に制約がある以上、何を取って何を取らないのかということを決めないといつまでたっても決められないということにもなりかねないです。

最初のうちはいろいろと不動産サイトの物件を見ながら話し合うといいのではないでしょうか。具体的な事例に触れてみてだんだん優先したいことが決まってきます。その中で何を大切にしていきたいのかということをじっくりと話し合いながら決めていただきたいです。答えが見つかるまでじっくりと話し合うというのでも全然構わないです。

優先順位は営業マンや不動産業者にも伝えておく

マンションを購入するに当たっては新築であれば営業マン、中古であれば不動産業者と関わることが多いのではないでしょうか。家族で話し合った優先順位については家族で共有するのは当たり前のことですが、担当者にも伝えておくと何かと便利です。優先順位とその理由についてはしっかりと伝えておいたほうが希望する物件について情報を教えていただくことができたりします。

例え、営業マンや不動産業者から何らかの電話が来たとしても自分たちの希望ではないということであれば、全然断っていただいても構いません。ただし、いろいろと情報を教えてもらうことについてはありがたく受け取ったほうが何かと選びやすくなります。希望について伝えているのであれば、おそらく気に行ってくれるであろうという情報を伝えてくれるものです。