マンションを買うために住宅ローンを申し込む時に注意する点

マンションを購入するとなるとポケットマネーで購入することはできないと言ってもいいでしょう。そうであれば、何割かの頭金と足りない分を住宅ローンを借りることで購入を図ると言ってもいいでしょう。住宅ローンに関しては金利を付けて返済をしていかないといけないので、きちんと返済できるのかを考えましょう。

年収に対しての返済額は25%以下が理想的である

住宅ローンを借りる時に金融機関は返済負担率というのを特に重視しています。返済負担率とは年収に対しての年間返済額の割合のことで、出来ることであれば25%以下に抑えるというのがベストです。例えば年収が500万円の家庭であれば、年125万ぐらいに抑えるというのが理想的です。月換算すると10万4千円ぐらいを毎月返済していくということになります。

返済負担率が25%を超えるとなると相当家計に対しての負担率が高いと言えます。子供が小さいうちであればいいですが、将来的に子供の教育費などでの出費が増えるとなると、さらに住宅ローンの返済が苦しくなります。マンションであれば家賃以外にも管理費や修繕積立金、固定資産税などの支払いも出てきますので、十分注意しましょう。

定年前までに完済するのがベストである

住宅ローンの返済というのは長年かかりますので、相当大変になることが予想されます。もしかすると、定年時の退職金を当てにして住宅ローンを完済しようとたくらんでいる家庭もあるかもしれませんが、そういうことはあまりあてにしないほうがいいですし、老後の生活費も相当かかりますので、退職金があるならば老後の生活のために使ったほうがいいでしょう。

40歳で住宅ローンを借りてマンションを購入するということであれば、定年前の20年から25年までに完済するような計画を立てましょう。定年になってまで住宅ローンを払い続けるのは相当負担感があるでしょうから、出来れは働ける間に完済をした方がまだましです。最悪でも70歳までには完済をするようなスケジュールにするべきでしょう。

住宅ローンを選ぶためには金利をしっかりと選ぶ

住宅ローンを選ぶためには金利の違いについて詳しくなる必要が出てきます。同じ金融機関の住宅ローンであっても金利によって全然違ってきます。現在は金利が低いので固定金利にしたほうがいいということが言われているわけですが、将来的に金利が上昇しないとは限らないです。それでも固定金利であれば申込んだ時の金利がずっと適用されるので、将来的な金利の影響を受けることは無いです。

変動金利にすると今現在の金利は低いわけですが、将来的には上昇するとは言われていますので、将来的な住宅ローンの支払いに影響が出てきたりします。変動金利にするか固定金利にするのかというのは自分たちのスタイルの合うような形で選んでいくといいでしょう。